リビングデザイン

 

 

 

 

 

 

ここ数か月集中して取り組んできた プールのあるお庭が遂に完成しました!

 

プールの構造から設計デザインさせていただきました。

プールの心臓部となる循環システムは、国産にこだわり国内の学校やホテルなど様々な施設で実績のあるメーカーさんに協力いただきました。海外メーカーの商品は、価格は抑えられるものの何かトラブルがあった時には修理やメンテナンス面で不安があります。実際バブル期のころに施工されたプールでの一番の問題点は、ポンプやろ過機などの住環システムをつくっていた海外メーカーが今は無くなっていたり、修理する部品が国内では手に入らなくて直せない・・・ということがあるようです。そんな心配のないのが信頼できる国産メーカーです。

プールの防水もとても重要ですが、こちらも防水のプロフェッショナルに相談して、耐久性強度の高いプール専用のFRP防水での施工をさせていただきました。FRPは耐久性や強度面だけではなく、その後のメンテナンスでも維持管理が楽です。さらに食品衛生管理でも使われているくらいの安全な仕様となっています。

水中照明も国内のメーカーさんの協力を得て、国の定める水中照明の安全基準をしっかりクリアーした商品と施工方法で設置しました。

他にも様々なエクステリアメーカーなどのいろんなプロフェッショナルの力が集結しています。

 

でも何より誇れるのは、この工事をリビングデザインの仲間の職人たちとで作り上げたこと。土工事から始まり型枠工事、配管工事 タイル工事 木工事 などなど。何もない状態からここまで出来たこと。

 

とても大変な工事でしたが、その分みんなが一回りも二回りも大きく成長できた現場となりました。

 

この機会を与えていただいた、お施主さまに感謝です。ありがとうございます。

 

お引渡しが終わった後に、お施主様に許可をいただいてプールで泳がせていただきましたが、11月にも関わらず海パン一枚で泳ぐことが出来ました!ご想像通りめっちゃ寒かったですが、プールサイドの露天風呂であったまって(笑)

ほんと最高の気分でした!

 

プールのあるお庭をご検討のお客様、ぜひリビングデザインにご相談ください。最高に気持ちのいいプールのご提案を差し上げます!


 

 

「定年をむかえるにあたって、ご夫婦でゆっくり楽しめるお庭にしたい」

というご要望をいただいて既存のお庭をリフォームさせていただきました。

 

担当のスタッフ慶野が、じっくり取り組みました。

 

下の写真が施工前のお庭です。


 

家族の成長に伴い中庭の使い方が変わってきたのをきっかけに、雰囲気を一新。

 

 

大きな鉄平石を敷きました。

ずっと同じもいいですが、変化していくことも楽しみです。

 

 


 

 

 

 

作庭させていただいた、ネイエ設計 神宮モデルハウスが、ついにグランドオープン。

たくさんの方に感じでいただきたいお庭になりました。

ぜひ、新神宮中日ハウジングセンターへ


 

 


建築的庭

 

 


 

 

家の建て替えに際して、古いお庭を壊すとき、もともと在った庭石の処分に困ることがあると思いますが、

石の見せ方を少し変えると、新しい素材として活かせます。


アクア不動産

 

 

屋号にちなんで、水をお庭に取り込みました。


 

 

 

 

 

コンクリート打ち放しのガレージが、クールに仕上がりました。


1

≪ 施工前 ≫

2

3

4

5

6

7

8

9

10

0


爽やか

1

2


1

 

3

 

4

 

8

 

10

 

13

 

16

 

19

 

24

 

25

 

27

 

28

 

想像以上に大変なプロジェクトでした。

何度となく苦しい場面がありましたが、作業にあたってくれた職人みんなの、アイデアや精神力でなんとか乗り越え、無事移植を完了できました。

最高にドラマチックなプロジェクトでした!

みんな本当によくがんばりました!ありがとう。

そして、こんな貴重な経験のチャンスを与えてくださったお施主さまと建築設計担当のSYNC 山田さんに感謝します。

この先もモチノキが元気に育つようにお世話していきます。


IMG_4520

平成29年度の岐阜市景観賞を「日野の大屋根(HINO2)」が受賞しました。

□ 建築設計 武藤圭太郎建築設計事務所

□ 建築施工  松原建築商事

□ 造園設計・施工 LIVING DESIGN

岐阜市景観賞というのは、岐阜市のまちなみの魅力向上を目的に、一年に一度自薦他薦で応募された作品を選定し、岐阜市景観賞選考委員会が与える賞なのです。一般の方はあまり知らないかもしれませんが、今回で21回目とその歴史も長い由緒ある賞であります。

今回は景観賞でも「建築部門」で受賞しました。これは武藤さんの圧倒的な建築のおかげであると思いますが、造園を担当させていただいた者として素直にとてもうれしいです。

そうそう、お正月休みのときに、保育園に通う娘が真剣な顔をしてこんなことを聞いてきたんです。

「パパ知っとる? 胸がドキドキしてないと人間は死ぬんだよ!」

それを聞いたとき、僕はとてもハッとしました。

娘はもちろん心臓の鼓動のことを言いたかったと思うのですが、人間ってドキドキしなければ生きていても死んでしまうのではないかと。ドキドキすることでよりハッキリと生きていることを感じられるのではないかと。

今回受賞した住宅は、建築も庭もドキドキするデザインだし、ドキドキする仕事でした。

岐阜市の街並みが、今よりもっとドキドキするような景観になるといいなぁと思います。そこに住む人たちが、よりハッキリと生きていると感じられる街になるといいなぁと思います。

僕は、”庭をつくる” という仕事を通して、少しでもそのための力になりたいです。

今回の受賞を励みに、さらに頑張ります!

関係者の皆様 ありがとうございます。

IMG_4528

 

IMG_4523


メンテナンス

いよいよ今年も残り一か月。

年内完工の工事や、剪定などのメンテナンス工事で大忙しです。

お問い合わせで時々聞かれることがあるのですが、お庭の剪定などのメンテナンス工事に関しては

リビングデザインで工事させていただいたお客様に限らせていただいております。

しっかりと造って、ずっとお世話させていただければと思っています。


掲載情報

 

ホーミング

住まいの提案、岐阜 『hominG』 vol.12

 「HINO」「HINO2」

のほかにも作庭させていただいた住宅2物件がちらっと掲載されました。

うれしいです。


祝!祝!

 HINO

「HINO」

□建築設計  武藤圭太郎建築設計事務所

 も

とある建築賞にノミネート!


祝!

 HINO2

「HINO2」

□建築設計  武藤圭太郎建築設計事務所

とある建築賞を受賞したとのこと!

詳しくは来年の発表になりますが、とてもうれしいです!


自動散水

10606066_909070825879459_8944721506674009211_n

10154981_909070845879457_2293728176697184904_n

ここのところ続けて自動散水システムを入れさせていただきました。

お水やりはお庭がある生活のなかの楽しみの一つでもありますが、

真夏の時期や旅行などで家をしばらく空けるときに、自動散水システムがあるととても便利です。

当社でおすすめさせていただいているシステムは、水道の配管も地中に埋設するタイプのもので、

スプリンクラーのヘッド部分も普段は地中にすっぽりと隠れて、散水の時だけヘッドがポップアップしてくる

ので、美観も損なわず邪魔にもなりません。

自動散水システムにかかる費用は、お値打ちなものからそこそこ費用のかかるものもありますが

自分たちのライフスタイルに合わせて選ぶことをお勧めしています。

これから、植物が一番お水を欲しがる季節です。

お水やり大変だぁ・・・とお困りの方・ご心配の方、お気軽にご相談ください!

 

 


「SHIMA」

_51_2189

_52_5136

_52_5144

「 SHIMA  」

武藤さんに竣工写真をいただきました。とてもいい雰囲気です!

こちらでさらにご覧いただけます。


『 うを仁 』

 IMG_9933

うを仁

エントランスの改修工事。

三和土のアプローチ。山採りの木々。いっきに雰囲気が変わりました。

*施工前


「今嶺の家」

 IMG_9915 - コピー

IMG_9912 - コピー

IMG_9914

「今嶺の家」 □ 建築設計 SYNC

今日は作庭初日。それぞれに個性あるいい雰囲気の木を植え込んでいきました。

いい感じ!


IMG_9775

IMG_9813

IMG_9814

○○

「SHIMA」 □建築設計 武藤圭太郎建築設計事務所

○○

昨日 一昨日に入念に準備工事をして、本日は植栽工事。

建築のダイナミックな大屋根に、見事に決まったモミジ!ほぼ枝も払わずに済んだのは、

ここに植えられることが運命だったんだと思えるくらいです。

最高に気持ちいい!

工事はまだまだ進んでいくんですが、今日作業した段階でも、かなり面白い空間になってきています。


『そらの家』

1

2

中庭のヤマザクラは、室内から石張りのテラスへと続く平面的なつながりを、さらに立体的に空へとつなげてくれます。

ほんと、空がきれいで、ここが住宅街であることを忘れます。


サルスベリ

2

最高に美しいサルスベリを植えさせていただきました!

計画の段階では、まったく別の木を植える予定だったんですが、買い付けの際植木畑を巡っている中でこのサルスベリに出合い一目惚れw

この場所に植えたら絶対に良くなる!と思い、お施主さんに相談して計画を変更させていただきました。

図面を描く段階では、現場を何度も見てそこに似合う木をイメージして樹種や樹形を決めます。契約後、買い付けに行く際にはさらに何度もスケッチをしてそのイメージをしっかりと持ってからそれに近い木を探します。しかし、そんな努力も一瞬で吹っ飛んでしまうぐらいビビッ!!!と来る木に出合えることがあります。

僕たちはより良いお庭をつくることが目的なので、さらに良くなるのであれば決まっていた計画を変更することにためらいはありません。

っていうか、ものすごくうれしいw

人との出会いと同様に、植物との出会いも大切にしたいです。


リフォーム

 リフォーム

「庭を壊して、コンクリートの駐車場にしたい」 というご依頼がこの業界では多いと思いますが、その逆で「コンクリートの駐車場を壊して、お庭にしたい」というご依頼をいただきました。

暮らし方の価値観や、お庭に対する価値観が変わってきているんだと思います。

このようなご依頼が、もっともっと増えてくるとうれしいです。

名称未設定 2

 


アプローチ

名称未設定 3

4

アプローチのとり方は、全体の印象や使い勝手に関わるので何度も検討を重ねます。

大垣市 N邸はコンクリートが浮き上がったようなアプローチの作り方を採用しました。駐車場のコンクリートと素材をそろえながらも明確にアプローチが認識でき、キリッと全体をシャープな印象にしてくれます。杉板型枠のRC塀との相性もいいです。


3

一宮市 K邸

とても雰囲気良く仕上がりました。

前回ブログでUPしたとき(こちら)の様子をもう想像できませんw 外構工事でいつも気を付けていることは、建築との一体感。そのためには、素材の色や質感、また建築の持つイメージを外構にも合わせていくことが大切だと思います。

そして、植物が入ることで全体の雰囲気はさらに豊かに。

Kさんご家族のお人柄が上手く表れた、シンプルであたたかい外構になりました。

ありがとうございました。


IMG_8779

IMG_8834

IMG_8835

名称未設定 21

『扶桑町の庭』

エントランス・リビング・ダイニングはもちろん、キッチンに立っているときも

2Fからふと眺めた時も、ほぼ全ての部屋からの見え方を意識して作庭しました。うん、いい感じ!

こちらもオープンハウスが開催されます。

ご興味ある方はぜひ!

□ 建築設計・施工 neie  □ 造園設計・施工 LIVING DESIGN


IMG_8716

IMG_8745

『直江町の庭』

本日作庭完了。その後もリズムよく!

と言いたいところですが、2日続いた雨のおかけで予定より少し遅れました・・・

完成写真は暗くて撮れなかったんですが、オープンハウスが開催されるとのことですのです。

”何が必要で何がいらないのか” そこをハッキリされているお施主さんの考え方が現れた

とても気持ちのいい建築です。ご興味ある方はぜひ!

□ 建築設計・施工 アルモニーホーム  □ 造園設計・施工 LIVING DESIGN

 


リズム

IMG_8696

IMG_8695

暖かい一日で気持ちよく作業ができました。

石を扱うときは、自分の気持ちの在り方が作業するリズムに現れます。今日はとてもいいリズムで据えていくことが出来ました。

早くもなく遅くもない。

この気持ちのまま最後まで行きたいです。


 IMG_8557

IMG_8560

IMG_8559

『鵜沼台の庭』

外構工事・植栽工事もほぼ完了。

玄関アプローチ・中庭・デッキ前の主庭。それぞれの場所にイメージに合う木々を一本一本選んできて、一本一本丁寧に植えました。人の動きに邪魔にならない樹形、窓からチラリと見える枝ぶり、隣家の視界をカットするボリーム。それぞれの木々の形には美しさだけではなく、しっかりとその機能と意味を持たせて植えることを心掛けているんですが、それらが上手く出来たと思います。


11202842_837017283084814_6606982654589826153_n

12019897_837017229751486_4901066881039763083_n

○○

12038007_837017143084828_2557293008945652797_n

『和らん』 新店舗

□ 建築設計(リノベーション) 赤座建築デザイン事務所  □ 造園設計・施工 LIVING DESIGN 

カズさん らんさん そして赤座さんとこうやってお仕事させていただいて、なんかとても感慨深い作庭でした。

2015年10月27日 Grand Open

『和らん』  岐阜市徹明通3-1-7 HP http://waranco.blog28.fc2.com/

12027730_837017149751494_531087009680554531_n

 


羽島市 H邸

IMG_8241

羽島市 H邸

お施主さんDIYによる板塀工事を残してほぼ完成。

シンプルな構成ですが、板塀と植栽の配置やボリームでしっかりと視線をコントロールして

室内にいてもお庭に出ても快適に暮らせるようになっています。

こちらも完成が楽しみです!


大垣市 N邸

IMG_8243

大垣市 N邸  * 担当 舘

植栽工事に入りました。植木畑を巡って選んできた木々を一本一本丁寧に植えていきます。

現場が華やいできました。

 

杉板型枠のRC塀は型枠を組んだ後に大雨が数日続いたおかげで、

杉の板が浮いてしまいました。その状態ではコンクリートの打設は出来ないので

型枠を外して修正をするも一部の板材の反りが微妙に直らない・・・

板材はすべて取り外し、新しい材ですべてを一からやり直しました

IMG_8242

 

その甲斐あって、木目も美しくラインもきれいに出で最高の仕上がりに!

2度の枠組みにも真摯に取り組んでくれた職人さんに感謝です。

IMG_8244

内部の庭は、お施主さんのご両親も参加していただいて芝貼りなどを仕上げました。

舘くんの働きぶりを笑顔で褒めていただいて、とてもうれしかったです。

完成まであと少し、最後までじっくりがんばろう!


IMG_8201

『那加のいえ』

 □ 建築設計 ツジデザイン一級建築士事務所

高低差の大きい現場で作業はなかなか大変でしたが、美しいアプローチとなりましたw

メンテナンスについてのご説明も終わり、無事お引き渡し完了です。


現場確認

IMG_8202

一宮市 K邸

綺麗にブロックを積んでくれてます。

敷地がとても広いので建物の奥から順番に工事を進めていましたが、ようやく表側の工事にとりかかれました。

シンプルな建築にシンプルだけどあたたかいお庭をプラン。舘くんも気合入ってます!


11

少し前に完成したK邸へ。

「よく家の外に出てお庭を眺めているんですよw」

「お庭と畑のスペースをつくったことで、ご近所さんに褒められるしいろいろとお話しする機会も増えましたw本田さんありがとう。」

と奥様は嬉しそうに話してくださいました。

デザイン的に喜んでいただけることはデザインしている者としてはとてもうれしいことですが、そこに住むお施主さんご家族がより生き生きと暮らせるような変化を少しでもつくれたとしたら、これ以上うれしいことはありません。ありがとうございます!


Living Living 1

22

 

真夏の暑さを避けて、工事をお待ちいただいていたI邸の植栽工事。

木を一本一本植えていくたびに、場の空気が生き生きとしてきました!

LIVING DESIGN をはじめて14年目に入りましたが、

どれだけお庭を創っても、この瞬間が楽しくてしかたないです。

 

 

名称未設定 5


雨にも負けず

IMG_7923

IMG_7917

IMG_7924


IMG_6876

 

色も形も国籍も違う多種多様な植物たちを植え込みました。


『守山の家』

IMG_6821

IMG_6824

IMG_6822

IMG_6823

雨の影響で、作業が思うように進められなかったこの数日。

今日は夏らしい暑さの中での作庭でした。

お庭が出来ることで敷地全体が生活の場として機能し、家の中に居ても外部との心地よい繋がりを

感じられるようになったと思います。

これからさらにお施主さんがゆっくり時間をかけながら手を入れていただくことで、街並みのランドマーク的な

風景として時を刻んでいくことがとても楽しみです。

『守山の家』

□ 建築設計 赤座建築デザイン事務所   □ 造園設計・施工 LIVING DESIGN

 


黄色い壁

IMG_6637

目隠しとなる塀を、落ち着いた黄色で仕上げました。

塀の外側の大きな木々の緑と、空の青がとても美しく見えだしました。自然の色との相性がとてもいいです。

黄色は有彩色の中で一番明るい色で、見ているだけで心を弾ませ楽しい気分にさせてくれます。また、知性を刺激し行動を活性化する力もあるそうです。


市中の山居

 IMG_6607

ビルに囲まれた岐阜市の中心街での作庭。

山の雰囲気をつくり、文字通り「市中の山居」となります。戦い続けているクライアントの心のリセット空間となることを願います。


サンルーム

IMG_6466

サンルームをご依頼いただきました。

今回は既製品を少し加工して製作。既製品もそのまま使うのではなくて、ひと工夫することで見え方は大きく変わります。


名称未設定 1

1

IMG_6353

IMG_6354

駐車場のコンクリート アプローチの洗い出し 高低差をつけた3本の中高木 アレンジの低木

構成要素は出来るだけシンプルに考えた外構です。

シンプルな造り方ほど、植える木の種類や樹形、植える位置、ハサミの入れ方など建物やお施主さんのイメージにしっかり合わせることが大切。

いい感じになってきました!


IMG_6303

打ち合わせへ向かう途中、冬に作庭した「大口の庭」へ。

全ての木々が生き生きしていて、お施主さんの愛情を感じました。

一階の部屋のカーテンを締めることはないのはもちろん、このモミジが眺められる和室の障子まで取り外して暮らしていただいているというお話を聞いて、本当に嬉しかったです。

 


木製物置小屋

IMG_6254

IMG_6255

木製物置小屋がいい感じに仕上がってきました!

単に使わないモノを収納するだけではなくて、バイクをいじったり釣り道具を手入れしたり・・・

いろんな楽しみのある小屋になります!完成が楽しみw


IMG_6175

IMG_6176

 『 蘇原の庭 』

 □ 建築設計・施工 ひだまりほーむ □ 造園設計・施工 LIVING DESIGN

見学会前になんとか造園工事は間に合いました。

各務原市の住宅街に雑木林のさわやかな風が流れています。

そんな空気感を実際に感じていただけると思いますので、ご興味ある方はぜひ!

見学会の詳細は下記HPより

http://www.hidamari-home.jp/event/cat43/


ページの上部へ